コンテンツにスキップする

マイラン株が15%急落-バーンスタインの投資判断下げ響く

27日の米株式市場で医薬品メーカー、マイランの株価は約15%下げ、約3年ぶりの大幅安となった。同社が示した2019年の業績見通しがアナリスト予想を下回ったことを受けたもので、製造上の問題も引き続き圧迫要因となった。

  バーンスタインのアナリスト、ロニー・ガル氏がマイランによる前日の発表に「失望」を示し、投資判断を「マーケットパフォーム」と、従来の「アウトパフォーム」から引き下げ、目標株価も33ドル(従来39ドル)に下方修正したことも売りを加速させた。同氏は、マイラン株が一段と下げるか、戦略プランを実行できるようになるまで、同社株を買う「説得力ある根拠」は見当たらないとした。

  マイランのヘザー・ブレッシュ最高経営責任者(CEO)は26日、同社の企業価値を高める可能性のあるあらゆる措置を検討していると述べたが、投資家の懸念を和らげるには至らなかった。同CEOはまた、取締役会の戦略見直し委員会による作業が終わりに近づいていると考えられると語った。

  ウェルズ・ファーゴのデービッド・マリス氏は、経営陣の一部変更を株主は歓迎するかもしれないと指摘した。同氏はマイランの投資判断を「アウトパフォーム」に据え置く一方、目標株価は33ドルと、従来の40ドルから引き下げた。

原題:Mylan Fails to Deliver as Many on Street Call for Change (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE