コンテンツにスキップする

2月27日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎NY外為:ドル指数上昇-FRB議長、通商当局者らが議会証言

  27日のニューヨーク外国為替市場ではドルがまちまち。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長による2日目の議会証言や米中貿易に関する最新動向に加え、トランプ米大統領の政治疑惑といった材料を消化し、ブルームバーグのドル指数は上昇した。

  • ニューヨーク時間午後4時19分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%上昇。米国債利回りの上昇や月末の資金フローが影響
    • ドルは主要10通貨に対しまちまち。オーストラリア・ドルやニュージーランド・ドルに対し上昇するも、ポンドに対しては下げが目立つ
  • ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表は中国との貿易交渉に関し議会証言
    • 中国による追加の米国製品購入だけでは十分でなく、米は中国に「著しい構造的変化」を求めていると発言、包括的合意への期待を後退させた
    • 中国との通貨を巡る合意の進展についてより慎重な立場を示した
  • パウエル議長は下院金融委員会で、辛抱強いアプローチが正当化されるとの前日の見解を繰り返した
  • トランプ米大統領の個人弁護士だったマイケル・コーエン被告は下院委員会で、トランプ氏について証言
  • ポンドはドルに対し0.4%高の1ポンド=1.3306ドル。7月以来の高値を付ける場面も
    • 欧州連合(EU)離脱関連で英議会はこの日、「合意なき離脱」の回避するとのメイ首相の公約を文書化した修正案を支持
  • ドルは円に対し0.4%高の111円ちょうど。米国債利回りの上昇を背景に、日中高値111円07銭の近辺にとどまった。早い時間には、インドとパキスタンの情勢緊迫化を受けたリスク回避で、下落していた
    • 米朝首脳が2回目の会談にハノイで臨み、成功への期待をにじませたことから、ドルは反発。その後、ライトハイザーUSTR代表の発言を受けて伸び悩んだ
  • ユーロはドルに対し0.2%安の1ユーロ=1.1372ドル。早い時間には上昇していたが、ロンドン時間終了時の広範なドル買いと投機売りに押された

欧州時間の取引

  ドル指数が4営業日続落。背景では、地政学的緊張を受けて円が上昇。合意なきEU離脱への懸念が後退する中、ポンドも値上がりした。
原題:USD Rises as Powell, Lighthizer, Cohen Testify: Inside G-10(抜粋)
Dollar Drops on Month-End Flows, Pound Stays Bid: Inside G-10

◎米国株・国債・商品:株が下落、コーエン被告証言や貿易に注目

  27日の米株式相場は下落。ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表の発言を受けて、米中が近く包括的な通商合意に達するとの期待が後退した。トランプ米大統領の個人弁護士だったマイケル・コーエン被告の議会証言も注目された。

  • 米国株は下落、米中貿易やコーエン被告発言に注目
  • 米国債は下落、株価が下げ幅縮小で
  • NY原油は1カ月ぶり大幅高、米在庫が急減
  • NY金は3日続落、ドル堅調で-月間の上げ消す

  S&P500種株価指数とダウ工業株30種平均は続落。ライトハイザー代表は中国の経済モデルに「著しい構造的変化」をもたらす合意を米国は求めていると発言。コーエン被告はトランプ氏が大統領就任後に犯罪を犯したと述べた

  S&P500種は前日比0.1%安の2792.38。ダウ平均は72.82ドル(0.3%)下げて25985.16ドル。ナスダック総合指数は0.1%高。米国債市場ではニューヨーク時間午後4時49分現在、10年債利回りが5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し2.68%。

  米国債は下落。株価が下げを縮小するのに伴い、一段と下げた。朝方は欧州の中核国債の下落につられた。

  インディペンデント・アドバイザー・アライアンスの最高投資責任者(CIO)、クリス・ザカレリ氏は「新しい情報を得るという意味では、ライトハイザー氏の発言がこの日は最も重要だと思う。コーエン氏の証言はむしろ政治的な見せ物としての色合いが強い」と述べた。

  ライトハイザー氏の議会証言前から株価は下落基調だった。期待外れの企業決算が新たな向かい風となったほか、アジアで地政学的な緊張が高まったことが背景。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は金融政策と米経済に関して2日目の議会証言を行った。

  ニューヨーク原油先物相場は上昇。ほぼ1カ月ぶりの大幅高となった。米国の原油輸入が急減し、トランプ米大統領の批判にもかかわらず、石油輸出国機構(OPEC)など産油国が世界の供給引き締めを進めていることが示唆された。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物4月限は1.44ドル(2.6%)上げて1バレル=56.94ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント4月限は1.18ドル上昇の66.39ドル。

  ニューヨーク金先物は3日続落。月間の上げを消した。ドルの堅調を背景に需要が減退した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は7.30ドル安の1オンス=1321.20ドルで終了。
原題:U.S. Stocks Fluctuate as Cohen Takes Center Stage: Markets Wrap(抜粋)
USTs Extend Losses as Stocks Rebound; 30Y Lags Into IG Pricing
Oil Surges Most in a Month as U.S. Sees Steep Drop in Imports
PRECIOUS: Gold Erases Month’s Gain as Dollar Firms, Silver Down

◎欧州債:総じて下落、イタリア債や英国債の下げ大きい

  27日の欧州債市場では、イタリア債が下落。英国ではEU離脱強硬派グループの中心人物であるリースモッグ議員が、今夜行われる議会採決ではメイ首相を支持すると述べ、英国債はドイツ債をアンダーパフォームした。

  • イタリア債は5年債と10年債の発行後に下げ幅を一時縮めたが、欧州委員会が同国の巨額の公的債務と生産性の長期低迷は他国にとってもリスクだと指摘した後、再び売られた
  • ドイツ10年債利回りは4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し、3週間ぶりの高水準。英10年債利回りは8bp上昇した。
    • 英5年債利回りは1%を突破し、3カ月ぶりの高水準
  • ドイツ10年債利回りは0.16%、フランス10年債利回りは3bp上昇の0.56%、イタリア10年債利回りは8bp上げて2.78%
  • ユーロ参加国の国債利回りとスプレッドの一覧はこちらをクリックしてください

原題:Italian Bonds, Bunds and Gilts Fall; End-of-Day Curves, Spreads(抜粋)

(NY外為と米国株・国債・商品を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE