コンテンツにスキップする

中国による追加購入だけでは通商合意には不十分-USTR代表

更新日時
  • 米国は「構造的変化」を求めている-下院歳入委員会で証言
  • 今後生じる他の問題に対応するため、交渉は続く可能性高い
Trade Representative Robert Lighthizer Testifies Before House Ways And Means Committee
Photographer: Anna Moneymaker/Bloomberg
Trade Representative Robert Lighthizer Testifies Before House Ways And Means Committee
Photographer: Anna Moneymaker/Bloomberg

トランプ米政権の通商交渉を率いるライトハイザー通商代表部(USTR)代表は、中国の経済モデルに「著しい構造的変化」をもたらす合意を米国は求めていると発言。中国側による約束順守を確実にするための条項も要求していると明らかにした。

  ライトハイザー氏は27日、下院歳入委員会で証言。事前に配布されたテキストによれば、中国が米側の要求に応じて譲歩するかどうかを判断するのは時期尚早だと同氏は発言。中国の習近平国家主席を米国に招いて、米中の首脳会談で最終的な合意を取りまとめる計画が進行中だと述べた。トランプ氏は合意が近いと示唆しており、ライトハイザー氏の発言はこれと対照的な内容となった。

  ライトハイザー氏は「より公平な条件をもたらす著しい構造的変化を米政権は求めている。知的財産権や技術移転の問題に関しては特にそうだ」と指摘。米中の間で議題となっている問題は「あまりにも深刻なため、追加購入の約束では解決されない」とし、「われわれには新たなルールが必要だ」と話した。

  中国と広範な通商合意に至るのは1回限りの出来事にはならないとも指摘。実務レベル協議を毎月開くほか、次官級を四半期ごとに、閣僚級を半年に1回開催する計画だとした。

  「この取り組みを『もしも』完了することができ、執行可能性という極めて重要な問題や他の懸案に関して満足のいく解決策に達することができる場合、対中経済関係における難関を突破する合意を成立させられるかもしれない」とライトハイザー氏は発言。「合意到達前と、もっと重要な到達後の両方で、やるべきことは多く残っている」と述べた。

原題:U.S. Says More China Purchases Alone Not Enough For Deal (3)(抜粋)

(4段落目に米中協議の計画を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE