コンテンツにスキップする

中国:グローバルファンドの呼び込み図る、優遇税制を検討-関係者

  • 中国財政省は世界的な会計事務所1社に協力を求めていると関係者
  • 検討は初期段階-越えければならない規制のハードルも

中国はグローバルファンドの本土市場登録を増やそうと優遇税制を検討している。事情に詳しい関係者が明らかにした。国際的なタックスヘイブン(租税回避地)に流出している資金の流れを変えたい考えだ。

  キャピタルゲインの税控除に関する実現可能性調査に向けたデューデリジェンス(資産査定)を行うため、中国財政省は世界的な会計事務所1社に協力を求めている。部外秘の情報だとして関係者が匿名を条件に語った。

  こうした検討は初期段階で、越えければならない規制のハードルにまずはぶつかることになるだろうと関係者は説明した。財政省にファクスでコメントを求めたが、今のところ返答はない。

Islands in the Sun

The British Virgin Islands attracted the most outbound Chinese direct investment after Hong Kong in 2017, and has been an increasingly popular destination

Source: Statistical Bulletin of China's Outward Foreign Direct Investment, 2017

原題:China Said to Consider Tax Breaks in Bid to Draw Global Funds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE