コンテンツにスキップする
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

バフェット氏も理解できなかった米オラクルのビジネス-開示不十分で

  • アナリストさえもクラウドへの移行の進展具合を読み取れず
  • バフェット氏も株式購入後間もなく持ち分売却
relates to バフェット氏も理解できなかった米オラクルのビジネス-開示不十分で
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

世界2位のソフトウエアメーカー、米オラクルを調べ、「そのビジネスを理解できない」と語った投資家はウォーレン・バフェット氏に限らない。オラクルを担当する米大手銀行のアナリストでさえも、同社の長年の目標であるクラウド・コンピューティング企業への移行がどの程度進んでいるかを読み取るのは極めて難しい。

  オラクルは開示する財務情報の内訳が限られており、このため投資家は同社がどのようにして顧客をクラウドに移行させようとしているのか正確に把握できない。またオラクルの年間売上高400億ドル(約4兆4200億円)の詳細を理解するのは難しい。

Key Speakers At The Goldman Sachs 10,000 Small Businesses Summit

ウォーレン・バフェット氏

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

  バフェット氏率いる米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイが昨年7-9月(第3四半期)に21億ドル相当のオラクル株を取得した時は、オラクルの妥当性が確認されたように思われた。ところがバフェット氏は10-12月(第4四半期)に全持ち分を売却し、楽観的見方は短命に終わった。

  バフェット氏は25日のCNBCとのインタビューで、共同創業者であるラリー・エリソン会長について、「オラクルで素晴らしい仕事をしてきた」と発言。「私はそれを読むという観点からフォローしてきた。しかしその後、ビジネスを理解していないと感じた。特にIBMに関する経験を基に、クラウドがどこに向かっているのか正確に私は理解していないと思う」と語った。

  ニーダムのアナリスト、ジャック・アンドルーズ氏は、オラクルのクラウドの取り組みがどのように進んでいるのかをよく見極めるにはデータが不十分なため、同社のクラウドへの移行の判断は難しいかもしれないと指摘した。

原題:Buffett Joins Crowd Struggling to Assess Opaque Oracle (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE