コンテンツにスキップする

マイラン株、時間外で急落-19年通期の利益見通し、市場予想下回る

  • 調整後で3.80-4.80ドルを見込む-市場予想は5.02ドル
  • 戦略見直しが終わりに近づいているとブレッシュCEO

米医薬品メーカー、マイランのヘザー・ブレッシュ最高経営責任者(CEO)は26日、同社の戦略見直しが終わりに近づいていることを明らかにした。その上で、販売が減少する中で会社の価値を高めるためにあらゆる措置を講じると表明したほか、主要工場での製造上の問題克服に取り組んでいるとアナリストとの電話会議で語った。

  同日の米株式市場の時間外取引で、マイラン株は急落。一時9.2%安の27.80ドルを付け、今年の上げがほぼ吹き飛んだ。同社が示した2019年通期の調整後1株利益見通しは3.80-4.80ドルと、市場予想平均の5.02ドルを下回った。同社は17年時点で、18年までに1株利益が6ドルに達すると見込んでいた。

  米国でのジェネリック(後発医薬品)価格下落を受け、同社は昨年、再編を含む戦略的選択肢の検討を開始。そうした取り組みに関連したコストが18年10-12月(第4四半期)の業績に影響したと同社は26日説明した。

Mylan falls after cutting its outlook

  10-12月期の調整後1株利益は1.30ドルと、市場予想の1.35ドルを下回った。売上高は30億8000万ドル(約3400億円)。予想は30億7000万ドルだった。北米売り上げは16%減少。ウェストバージニア州モーガンタウン工場での問題が続いていることなどが響いた。

原題:Mylan Strategic Review Almost Done, Shares Plunge on Forecast、Mylan 2019 Adjusted EPS View Misses Est.; Shares Fall 8.6%(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE