コンテンツにスキップする

1月鉱工業生産は3カ月連続低下-「足踏みしている」に判断下げ

更新日時
  • 前月比3.7%低下の100.8-指数は昨年1月以来の低水準
  • 2月の予測指数は前月比5.0%上昇-経産省試算値は0.4%上昇

1月の鉱工業生産指数(2015年=100、季節調整済み)は、前月比で3カ月連続低下した。中国向け輸出が落ち込む中、低下率は市場予想を上回った。基調判断は「生産は足踏みをしている」に下方修正された。経済産業省が28日発表した。

キーポイント

  • 前月比3.7%低下(ブルームバーグ調査の予想中央値は2.5%低下)の100.8-前月は0.1%低下
  • 出荷指数は前月比4.0%低下と2カ月ぶり低下、在庫指数は1.5%低下、在庫率指数は0.8%上昇
  • 製造工業生産予測調査によると、2月は前月比5.0%上昇、3月は1.6%低下
  • 従来の判断は「生産は緩やかな持ち直し」だった

生産の推移

    

エコノミストの見方

みずほ総合研究所経済調査部の坂本明日香エコノミスト:

  • 想定よりかなり悪かった。先週の貿易統計から見ても、春節の影響は考慮する必要はあるが、中国向け輸出が非常に悪い。中国経済の減速もあり、一時的に生産が抑制的になっている
  • 自動車工業がかなり低下しているのは、中国などで販売がかなり落ちているところも響いている。自動車の生産や出荷が弱いのだろう
  • 生産用機械の出荷や生産がかなり下がっている。産業用ロボットや半導体などは中国向けに17-18年にかけて輸出していた品目で、中国景気の弱含みが響いている可能性
  • 経産省の先行きの試算を見ると、2月の予測指数は5.0%だが、補正値は0.4%で思ったより回復してこない。生産が弱含んでいる可能性がある

詳細

  • 従来の想定より生産はかなり弱く、幅広い業種で低下した-経産省担当者
    • 業種別では12業種が低下、3業種が上昇。前月の低下は6業種
  • 生産低下寄与が大きい業種は、自動車工業(特に普通乗用車と自動車用エンジン)、電気・情報通信機械工業(半導体、リチウムイオン蓄電池、放送装置)、生産用機械工業(ショベル系掘削機械、産業用ロボット、半導体製造装置)、電子部品・デバイス工業-経産省
  • 2月の製造工業生産予測指数は前月比5.0%上昇だが、実際の数値は予測よりも低く出る傾向があり、5.0%上昇を達成する公算は小さい-経産省
    • 経産省による2月の予測指数の試算値は前月比0.4%上昇
  • 1-3月では鉱工業生産の伸びがマイナスに転じる可能性も-経産省

背景

  • 1月の輸出は2カ月連続で減少し、貿易赤字幅は14年3月以来の大きさとなった。中でも中国向け輸出は17年1月以来の低水準
  • 2月の月例経済報告では国内の景気判断を据え置く一方、海外は2カ月連続で下方修正。通商問題の動向や中国経済の先行きなどに警戒促す
(詳細を追加し、エコノミストコメントを差し替えて更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE