コンテンツにスキップする

仏PSA、「プジョー」を北米に再投入-25年余りぶりに

更新日時

自動車産業が縮小し、トランプ米大統領が欧州製自動車に新たな関税を課す構えを見せる北米に、フランスの自動車メーカー、グループPSAが乗り込む。同社は「プジョー」ブランドを北米に再参入させる計画を示した。

  PSAのカルロス・タバレス最高経営責任者(CEO)は26日、2026年に欧州か中国から北米に向けて輸出を開始すると述べた。プジョーは25年以上も前に北米から撤退していたが、PSAは2016年に打ち出した10カ年計画の一部として再参入の意向を示していた。

原題:PSA Group Makes a Comeback With Peugeot in North America (2)(抜粋)
PSA Group Plots Comeback in North America With Peugeot Cars (3)

(2段落目にタバレスCEOのコメントを加えます.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE