コンテンツにスキップする

香港ドル、許容変動幅の下限に再び接近-米国との金利差拡大で

  • 許容変動幅の下限は7.85香港ドル-現在7.8493香港ドル
  • 米ドルのLIBOR1カ月物との金利差、11年ぶり大きさ

香港ドルの対米ドル相場が許容変動幅の下限に再び接近している。金利低下で香港ドルを売り、相対的に高金利の米ドルを買う動きが出ている。

  香港ドルは現地時間午後1時5分(日本時間同2時5分)現在、0.01%安の1米ドル=7.8493香港ドル。対米ドル相場の許容変動幅の下限は7.85香港ドルで、昨年9月以降は下限に達していない。

  香港ドルの香港銀行間取引金利(HIBOR)1カ月物は26日に9営業日連続で低下。米ドルのロンドン銀行間取引金利(LIBOR)1カ月物との金利差は11年ぶりの大きさとなった。

Hong Kong dollar approaches the weak end of its trading band again

  香港ドル安を受けて、香港金融管理局(HKMA、中央銀行に相当)が介入する可能性もある。昨年はたびたび香港ドル買い介入を実施していた。

  26日のHIBOR1カ月物は3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の0.91429%。22日時点の米ドルとの金利差は1.5ポイント超に広がった。香港ドルは昨年9月の高値から0.7%下げている。

原題:Hong Kong Dollar Nears Weak End of Band as Rate Gap Widens(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE