コンテンツにスキップする

トランプ・オーガニゼーション、外国政府からの利益が18年に26%増加

  • 外国政府からの支払いによる純利益、18年は19万1538ドル
  • この利益相当額を米財務省に寄付-エリック・トランプ執行副社長

トランプ・オーガニゼーションは25日、外国政府から得た利益が昨年26%増加したことを明らかにした。

  トランプ米大統領の息子で同社の執行副社長であるエリック・トランプ氏によると、外国の高官や大使館、その他の政府代表による支出が、トランプ一族の企業である同社に19万1538ドル(約2100万円)の純利益をもたらした。同社は相当額をエリック氏と兄ドナルド・トランプ・ジュニア氏の署名入り小切手で22日に米財務省に寄付したという。

  同社が外国政府から利益で財務省に献金したのは2年連続。外国政府から支払いを受けることは米憲法の報酬条項に違反する恐れがあるとの批判をかわす取り組みの一環で、昨年は17年の利益を相殺するため15万1470ドルを財務省に寄付していた。

原題:Trump’s Company Reports Profit Rose From Foreign Governments(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE