コンテンツにスキップする

トランプ氏は米金融当局への理解欠く、イエレン前FRB議長が発言

  • イエレン氏がアメリカン・パブリック・メディアの番組で発言
  • 議会が金融当局に課した2つの目標、大統領が説明できるか疑問
イエレン前FRB議長

イエレン前FRB議長

Photographer: Andrew Harrer/
イエレン前FRB議長
Photographer: Andrew Harrer/

イエレン前米連邦準備制度理事会(FRB)議長は、トランプ大統領が米金融当局を理解していないと語った。

  イエレン氏は25日に内容が公表されたアメリカン・パブリック・メディアの番組「マーケットプレース」とのインタビューで、トランプ大統領について「米金融当局の目標が、議会から課された最大限の雇用と物価安定の実現である点を、彼が説明できるかさえ疑わしい」と話した

  「彼は、自身の通商計画を支援するために米金融当局が為替相場目標を持つか、米国の貿易収支をターゲットとするかのうようにもコメントした」とイエレン氏は指摘。「そうした発言は経済に対する米金融当局の影響や適切な政策目標に関する理解の欠如を示すものだ」と論じた。

  イエレン氏の後任であるパウエルFRB議長は、トランプ大統領が指名したが、それでも大統領は利上げを巡ってパウエル議長を公然と批判してきた。イエレン氏はこうした攻撃が深刻なダメージを及ぼしかねないと言明。「それが一斉に行われればインパクトをもたらし、特に米国の状況が何らかの理由で悪化することがあれば、米金融当局への信頼を損なう恐れがある」と付け加えた。

  現在はブルッキングズ研究所のディスティングイッシュト・フェローを務めるイエレン氏はまたパウエル議長について、「私の後任を大いに信頼」していると述べるとともに、「経済は好調であり」、自身がまだ議長の職にあったとしても、政策の道筋はおおむね類似したものとなっていただろうと語った。

原題:Yellen Rips Trump on Policy Grasp, Says Economy ‘Is Doing Well’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE