コンテンツにスキップする

米ETF手数料がゼロに低下-ソーファイが無料のファンド2本を計画

  • ソーファイが支援する新しいファンドは年間手数料が無料
  • フィデリティは昨年、手数料のないミューチュアルファンドを投入

オンラインで金融サービスを提供する米ソーシャル・ファイナンス(ソーファイ)が手数料無料の新しい上場投資信託(ETF)2本の投入を支援することが当局への届け出で分かった。対象となるETFは米国株に焦点を絞り、少なくとも最初の1年間は手数料を請求しない。

  ETFに投じられる資金の97%余りが、投資額1000ドル当たりの手数料が2ドル以下のファンドに流れており、運用会社にはコストを最低限に抑える努力が求められている。フィデリティ・インベストメンツは昨年、手数料がかからない初のミューチュアルファンドを投入。ファンドの運用資産は短期間で10億ドル(約1100億円)に達した。低コスト商品に魅力を感じた顧客が最終的には手数料がより高いファンドやサービスを利用すると期待する運用会社にとって、無料のファンドは損失覚悟の商品だ。

  ブラックロックやステート・ストリート、チャールズ・シュワブが手掛ける最も低コストのETFでは投資額1000ドル当たりの手数料が30セントだ。3社が3兆7000億ドル規模の米ETF市場に占めるシェアは合わせて60%。さらに、手数料が同40セントのバンガード・グループは26%のシェアを占める。

  ソーファイの届け出によると、同社は組み入れる証券を決定する手法の開発支援を提供する。手数料は2020年3月27日までかからない。免除される手数料は0.19%。

原題:ETF Fees Are Falling to Zero as SoFi Plans First No-Cost Funds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE