コンテンツにスキップする

米国債利回り曲線の注目度低い部分、リセッションを依然示唆

  • 1年債と5年債のスプレッド、金融政策スタンス転換後もマイナス圏
  • 1-5年スプレッド、1-10年と同様に良い指標-TSロンバード

米連邦準備制度のハト派転換は、米国債利回りのスプレッド縮小とそれに伴う景気後退シグナルを巡る懸念を緩和させるとはいえ、利回り曲線の一部は政策スタンスのシフトがあまりに小幅で遅過ぎる可能性を示している。

  連邦公開市場委員会(FOMC)が2018年の4回目の利上げを実施し、19年に2回利上げを行う姿勢を示した昨年遅くに1年債と5年債の利回り格差(スプレッド)はマイナスに転じた。それ以来スプレッドはほぼマイナス圏にあり、1月3日には一時マイナス18.8ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)を付けた。今月25日はマイナス6.9bp付近にある。

An inverted yield curve often signals a looming U.S. recession

  ロンドンに本拠を置く調査会社TSロンバードの米国担当チーフエコノミスト、スティーブン・ブリッツ氏によると、1年債と5年債のスプレッドは、一般に注目度の高い1年債と10年債のスプレッドと同様に不況を測る上で良い指標だという。法人や個人、自動車、建設などの融資では、5年以下の期間での行われるケースが一般的であることから、1年債と5年債のスプレッドは1年債と10年債のスプレッドと同様に予測力を持つ可能性があるとブリッツ氏はインタビューで説明した。

  同氏は「利回り曲線全体が一度にとか、突然に反転することはない」と述べ、「向こう1、2カ月で米経済指標がさらに悪化すれば、期間が長めの利回りが低下し、最終的には10年債利回りでより伝統的な長短金利逆転が生じる」と予想した。

  1年債と5年債のスプレッドは他のスプレッドほど注目されないが、米国の前回のリセッションでは予測力が実証された。05年11月に同スプレッドはゼロを下回り、金融危機とその後の景気後退に先立つ07年3月にはマイナス61bp付近で底打ちしていた。

原題:Unloved Part of Treasury Curve Keeps Signaling U.S. Recession(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE