コンテンツにスキップする

ECB、長期リファイナンスオペについて熟考へ-恒久化も視野

  • 景気減速への対応として新たなTLTRO導入すべきかを議論へ
  • さまざまな形態のLTROを含め検討すべきだ-仏中銀総裁

欧州中央銀行(ECB)は次回の政策委員会で新たな条件付き長期リファイナンスオペ(TLTRO)の必要性について議論しようとしているが、そのようなオペの恒久化をも検討する可能性がある。

  次回の政策決定を3月7日に控え、当局者らはユーロ圏経済の減速への対応として新たなTLTROを導入すべきかの議論の準備をしている。さらに、市中銀行に対する長期的な資金供給について、より恒久的な解決策を示すべきではないかとの声も出ている。

ECB has used targeted long-term loans and asset purchases as stimulus

  ECBのオペに関するこのような見直しは遅きに失した感もある。金融危機の発生以来、ソブリン債危機の時期も通じて、金融システム内の流動性の穴をふさぐためにその場しのぎの措置を長年繰り返してきたからだ。

  バイエルン州立銀行のチーフエコノミスト、ユルゲン・ミヒェルス氏は「当局は融資拡大に向けすでに多くの措置を取っている。追加措置を打ち出す場合は、信用の成長を促し続けることを目指すものであるべきだ」とした上で、「それに加え、少なくとも2年間の定期的な長期資金供給の制度を創設することについても考えた方がいい」と述べた。

Long-Term Funding

ECB has used various longer-term funding measures to support banks

Source: ECB

  フランス銀行(中央銀行)のビルロワドガロー総裁は22日に、ECBが「さまざまな形態の長期リファイナンスオペ(LTRO)を含め使用可能なツールの全領域を検討すべきだ」と示唆した。

原題:ECB Loans Ripe for Rethink as Officials Mull Slowdown Response(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE