コンテンツにスキップする
Photographer: Luke MacGregor/Bloomberg

謎の資金源、EU離脱支持に巨額献金したバンクス氏を英当局が捜査

A British Union flag, also known as a Union Jack, flies beside a European Union (EU) flag during ongoing pro and anti Brexit protests outside the Houses of Parliament in London.
Photographer: Luke MacGregor/Bloomberg

英国の欧州連合(EU)離脱に同国史上最大の政治献金をして以来、アーロン・バンクス氏にはずっと疑問が付きまとってきた。資金をどこから得たのかという点だ。

  バンクス氏は資産価値が1億ポンド(現在のレートで約145億円)あると英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)に2015年に語り、その2年後には資産2億5000万ポンドで英日曜紙サンデー・タイムズの長者番付に登場した。これほどの資産家ならばEU離脱支持に投じた800万ポンドは必ずしも多額ではないかもしれない。だが、バンクス氏(52)はいまや刑事捜査の渦中にある。

  英国家犯罪対策庁(NCA)はこのほど、バンクス氏とその政治献金の資金源を捜査すると決定した。その結果次第で、同氏の資金が決定的な役割を果たした国民投票のやり直しへと英国が向かう可能性もゼロではない。一方、英議会議員らはバンクス氏がロシア政府関係者と会合を持っていたと指摘する。

  バンクス氏はそもそも、自身が主張するほどの資産家なのだろうか。ブルームバーグ・ビリオネア指数の分析によると、公にされている資金源だけで計算するとバンクス氏の純資産は約2500万ポンド。保険、金融サービス、ダイヤモンド採掘で約3400万ポンドの資産があり、そこからEU離脱支持派に投じた800万ポンドを引いた。

  同氏の資産の一部は非公開の海外企業数十社に分散されており、純資産の正確な把握は困難だ。バンクス氏はブルームバーグの分析について「ほぼ全ての点で誤っている」としつつ、非公開情報を提供する理由はないとして、これ以上の情報提供を拒否した。

Conservative Party annual conference 2014

アーロン・バンクス氏(左)とEU離脱の旗振り役だったナイジェル・ファラージュ氏(2014年)

Photographer: Ben Birchall/PA via Getty Images

原題:The Mysterious Finances of the Brexit Campaign’s Biggest Backer(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE