コンテンツにスキップする
Photographer: Scott Olson/Getty Images North America

米経済は2021年までにリセッション入りへ、エコノミストの約8割予想

  • 42%が来年のリセッション入りを予想、年内は10%
  • 政策金利は利下げに転じる前に3%に達するとの予想が最多
CHICAGO, IL - JUNE 12: Lightning strikes the Willis Tower (formerly Sears Tower) in downtown on June 12, 2013 in Chicago, Illinois. A massive storm system with heavy rain, high winds, hail and possible tornadoes is expected to move into Illinois and much of the central part of the Midwest today. (Photo by Scott Olson/Getty Images)
Photographer: Scott Olson/Getty Images North America

全米企業エコノミスト協会(NABE)の調査で、エコノミストの8割近くが2021年末までに米国がリセッション(景気後退)入りすると予想した。

  25日に公表された半期調査によると、エコノミストの10%が年内、42%が来年、25%が21年中のリセッション入りを予想した。残りは22年以降の景気後退予想か、意見を示さなかった。調査は1月30日から2月8日にかけて約300人のNABE会員を対象に実施した。

  政策金利については、利下げに転じる前に現行水準から0.5ポイント引き上げられ3%に達するとの予想が最も多く、23%に上った。次回の動きが利下げだと予想したのは11%にとどまった。

Federal Reserve’s Monetary Policy

About one third expect federal funds rate to hold or fall from current level

Source: National Association for Business Economics

Inflation Boost

Only 6% of respondents expect the tariffs to have no impact on inflation

Source: National Association for Business Economics

原題:Most Economists See U.S. Recession by 2021, NABE Survey Shows(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE