コンテンツにスキップする

ロシュ、遺伝子治療薬の米スパークを48億ドルで買収の方針

スイスの製薬会社ロシュ・ホールディングは、遺伝子治療薬の開発を手掛ける米スパーク・セラピューティクスを48億ドル(約5300億円)で買収する方針だ。

  ロシュはフィラデルフィアを本拠とするスパークに対し、1株当たり114.50ドルを支払う。22日のスパーク株終値に122%の大幅上乗せとなるが、同社株は昨年に一時90ドルを上回る水準で取引されていた。

  スパークが開発した目の遺伝性疾患に対する遺伝子治療薬「ラクスターナ」は2017年に米食品医薬品局(FDA)の承認を獲得。13年創業の同社は血友病の遺伝子治療も開発中だ。

ロシュ、遺伝子治療薬の米スパークを50億ドル買収で合意近い-WSJ

原題:Roche Makes $4.8 Billion Gene-Therapy Bid With Deal for Spark(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE