コンテンツにスキップする

米中の貿易協議、「新たな不確実性」も-新華社が警鐘

  • 協議は最終段階で難しさを増す、新たな不確実性も排除できず
  • 最悪シナリオにも備える必要がある-新華社

米中の貿易協議を巡り最終段階で「新たな不確実性」が生じる可能性があり、中国は最悪の事態に備えつつ、最善を尽くすべきだ。国営新華社通信が25日の論説でこう主張した。

  新華社は「貿易協議は最終段階で難しさを増す。新たな不確実性も排除できない。貿易摩擦が長期かつ複雑、困難を伴うという事実について冷静である必要がある」と指摘した。この不確実性が何を指すのかは具体的に説明しなかった。

  新華社は良い兆しがあり、両国が「互恵的かつウィンウィンの合意に至るという最終目標」に向けてさらに近づきつつあると認めながらも、この重大な局面でより多くの時間を要する幾分の隔たりがあることも示したと伝えた。

  論説では「百里を行く者は九十を半ばとす」との中国のことわざを挙げ、「次の段階では一つ一つのステップがとりわけ重要になる」と指摘。米中両国に歩み寄りを求めながらも、「われわれは最悪シナリオにも備える必要がある」と主張した。

原題:China’s Xinhua Agency Warns of ‘New Uncertainties’ in U.S. Talks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE