コンテンツにスキップする

米ペロトン、IPO主幹事にゴールドマンとJPモルガン起用-関係者

  • IPOで同社の企業価値は80億ドル余りと評価される可能性
  • 昨年の資金調達ラウンドでは41.5億ドルとの評価

自宅でのフィットネスソリューションを提供する米スタートアップ企業のペロトン・インタラクティブは、新規株式公開(IPO)の主幹事にゴールドマン・サックス・グループJPモルガン・チェイスを起用したと事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。IPOで同社の価値は80億ドル(約8850億円)余りと評価される可能性がある。

  詳細が公表されていないことを理由に関係者が匿名で語ったところでは、ここ数週間にわたり銀行の間で「ベークオフ」と呼ばれる幹事獲得を巡る売り込み合戦が繰り広げられていた。関係者によれば、IPOの規模や時期について最終的な決定はまだ下されていない。

  ペロトンとゴールドマン、JPモルガンの担当者はコメントを控えた。ペロトンに出資する プライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社LカタートンとベンチャーキャピタルのTVCの担当者もコメントを控えた。

  2012年に創設されたペロトンは、昨年の資金調達ラウンドで5億5000万ドルを集め、企業価値は41億5000万ドルと評価された。同社は当時、それがIPO前の最後の資金調達の見込みだとしていた。

原題:Peloton Is Said to Pick Goldman Sachs, JPMorgan to Lead IPO(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE