コンテンツにスキップする
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

ウォール街、「引き締めサイクル一時停止」で取引の新アイデア続々

  • バンガード・グループは米国債イールドカーブに注目
  • 「追加キャリーを安全にポートフォリオに」-クシュマ氏
Pedestrians walk along Wall Street near the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S.
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

米連邦準備制度のハト派的な政策転換は、引き締めサイクルの一時停止の機会を生かすよう設計した新しい一連の取引戦略の出現を加速させている。

  バンガード・グループのジェンマ・ライトカスパリウス氏はレンジ相場となっている米国債のイールドカーブの両サイドについて取引する計画だ。また、モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメントのマイケル・クシュマ氏は、同社の世界債券ポートフォリオに追加的なキャリーを組み込もうとしている。HSBCホールディングスのマックス・ケトナー氏は、ベンチマークに対して中立的なポジションを取りつつ、一瞬のうちに積極的に調整する準備をしておくべき時だと言う。

  株式、債券、通貨と、資産を問わずボラティリティーが低下する中でも、投資家は多くの収益機会を見いだしている。市場のベテランたちは、ここ数十年で最も不確実な金利見通しと継続的な貿易および地政学的緊張の中で、センチメントの大きな変動を予想している。金融当局の転換で、人気が高かった取り引きトレンドが失速する傾向があるが、自らも方向を変えて対応しようという向きには利益を上げる新しい方法が見えてくる。

Vanguard sees the yield curve trading sideways as the Fed pauses, echoing 1995

  バンガードの上級マネーマネジャーであるライトカスパリウス氏は、1995年から96年にかけて金利が長く据え置かれた時期に、2年物米国債と10年物の利回り格差が変化したことを覚えている。同氏は今回もスプレッドが当時と同じように反応すると予想。「今回の休止局面では、経済と米金融政策の道筋に関する不透明感から、ボラティリティーが時折生じる」と話した。

  HSBCでマルチアセット戦略を担当するケトナー氏は、金融市場が適温経済を指す「ゴルディロックス」シナリオを織り込む相場からリセッション(景気後退)懸念を新たにする方向に振れる公算が大きいとの見方を示し、そうした環境で「利益を得る真の方法は、ベンチマークに対して中立的な状態を保ち、そこから非常に積極的に投資の出入りを行うことだ」と言う。

  モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメントのグローバル債券担当最高投資責任者であるクシュマ氏は、同社の債券ファンドでキャリーを慎重ながらも増やすことに焦点を絞っている。米追加利上げ、ドル高、米国債利回り上昇など、2018年にあったリスク資産に対する主な逆風が消えたためだ。

  「追加キャリーを安全にポートフォリオに組み込もうとしている」と話す同氏は、ブラジル、ポーランド、ハンガリーなどの新興国債や、米国の住宅および商業用不動産に連動した証券化商品を選好しているという。

原題:‘Play-the-Pause’ Trading Strategies Gain Traction on Wall Street(抜粋)


    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE