コンテンツにスキップする
Photographer: John Taggart/

CLOは米国で人気低下、利上げ見通し後退で-日本からの需要は強い

  • 米国の買い手に依存するCLO会社は需要低下に直面
  • 日本からの需要は依然強く、CLO会社間で価格に差が生じている
Pedestrians walk past the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S.
Photographer: John Taggart/

米国では利上げに対する連邦準備制度の最近の姿勢転換を受け、ローン担保証券(CLO)から固定利付き資産へと投資資金がシフトしている可能性がある。一方、日本の銀行からの需要があるCLOはアウトパフォームしている。

  米国の買い手が引いたことで、CLOの価格に格差が生じている。つまり、同等の格付けの証券でも異なる価格設定になることがあると、市場の専門家が述べた。CLO組成・販売で実績のある数社でさえも、最高格付け部分の購入を米国の投資家に依存していたために最近数週間は低い価格での販売を余儀なくされた。

  「発行は回復してきたが、トリプルAクラスに対する米国の需要が限定的なため、AAA部分で15〜25ベーシスポイント(bp)の幅が生じている」とウェルズ・ファーゴのアナリスト、 デーブ・プレストン、マッケンジー・ミラー両氏が最近のリポートで指摘した。強い発行プラットフォームを持つ実績ある販売会社でも、AAAクラスのプライシングはロンドン銀行間取引金利(LIBOR)に140bp台半ばから後半を上乗せした水準になっているという。

  一方、AAAクラスの証券の大きな部分を邦銀が購入するCLO会社は、それよりも10bp程度タイトな価格設定にできる。AAA部分で日本の投資家に対して強い販売基盤を持つCLO会社の証券は、かねてからスプレッドが小さめだったが、最近ではその差がより目立っている。

  パインブリッジ・インベストメントのクレジットおよび債券投資責任者スティーブン・オー氏はインスタントメッセージで、「最近の取引では、『トップクラス』と見なされるCLO会社と『セカンドクラス』と見なされるところの差別化が進んでいるようだ」と指摘した。

  商業用不動産ローン担保証券や投資適格社債などの固定利付き資産は昨年12月に大幅に値下がりしたため、変動利付き商品から乗り換える投資家にとってはいっそう魅力が増している。

CMBS, IG Cheapened vs. CLOs Late Last Year

出典:ウェルズ・ファーゴ

原題:CLOs Stumble on Fed Tilt Even as Japanese Demand Remains Strong(抜粋)
CLOs Stumble on Fed Tilt Even as Japanese Demand Remains (1)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE