コンテンツにスキップする

トランプ大統領、ライトハイザー氏への不満爆発-米中交渉で焦り

ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表

ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表

Photographer: Al Drago/Bloomberg
ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表
Photographer: Al Drago/Bloomberg

トランプ米大統領とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表との関係がぎくしゃくしている。政権内の事情に詳しい複数の関係者によれば、中国製品に対する関税率引き上げ期限が日に日に近づく中で、お互いにフラストレーションを募らせている。

  両者の不満は22日、訪米中の中国交渉団や米側の関係者、記者団を前にして表面化。米中の合意は覚書の形になるとのライトハイザー氏の説明に、トランプ氏が「覚書は好きではない。何も意味しないからだ」と批判したことから始まった。ライトハイザー氏は覚書は法的拘束力があると反論し、トランプ氏の逆鱗に触れた。

  事情に詳しい関係者2人によれば、大統領はライトハイザー氏から中国の訪米団や記者団の前で訂正され、恥をかかされたと、後に周囲に不満を漏らした。トランプ氏はまた、中国との合意成立が一段と重要になっているとみており、ライトハイザー氏がまだ成立させていないことにいら立ちを示したという。

原題:Trump Vents Frustration With Trade Czar as China Talks Continue(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE