コンテンツにスキップする

マスク氏、住宅ローンも壮大なスケール-モルガンSが抵当貸し付け

  • 加州の不動産5物件に計68億円の住宅抵当貸し付け
  • マスク氏の月々のローン返済額は約18万ドルに

自動車、トンネル、ロケットとなると、イーロン・マスク氏の考えることはスケールが大きいが、家計についても同じことが言えそうだ。

  米テスラ最高経営責任者(CEO)のマスク氏は、カリフォルニア州内の不動産5物件について、計6100万ドル(約68億円)の住宅抵当貸し付けを受けた。ロサンゼルス・ベルエア地区の4件と、サンフランシスコ・ベイエリアのヒルズボロの1件が対象。貸し付けの契約は2018年末、モルガン・スタンレーとの間で交わされ、そのうち約5000万ドルが新規借り入れ。12年に1700万ドルで購入した2万200平方フィート(約1880万平方メートル)超の物件に関わる1000万ドルの既存ローンは、1950万ドルのローンに借り換えとなった。

  これでマスク氏の月々のローン返済額は約18万ドルとなった。

Musk Home

マスク氏が保有する豪邸の一つ

Redfin

  こうした巨額ローンは、指折りの富豪でも流動性を維持するために住宅ローンを活用していることの表れだ。ブルームバーグのビリオネア指数によると、マスク氏は234億ドルの個人資産を保有し、マーク・ザッカーバーグ氏やケン・グリフィン氏、歌手のビヨンセとジェイZ夫妻らと共に大富豪の不動産保有者の1人に数えられる。抵当貸付額の大きさでは、米ヘッジファンド運営会社シタデル創業者のグリフィン氏が16年に受けた貸し付け2件(総額約1億1400万ドル)が群を抜いている。

Musk Could Put Tesla on Smoother Path With Demand Assurances (1)

イーロン・マスク氏

David Paul Morris /ブルームバーグ

  マスク氏を代表するテスラの担当者は、コメントを求める電子メールに返答していない。モルガン・スタンレーの広報担当、スーザン・シーリング氏はコメントを控えた。

  米国の大半の地域では、48万4350ドルを超える住宅ローンはジャンボ(大口)住宅ローンと分類される。スーパージャンボ住宅ローンの定義はそれに比べ明瞭でないが、大富豪が顧客の場合、200万-250万ドルを超える可能性があるという。

relates to マスク氏、住宅ローンも壮大なスケール-モルガンSが抵当貸し付け

ロサンゼルス・ベルエア地区にあるマスク氏保有の不動産

グーグル

原題:Elon Musk Turns to Morgan Stanley for Five Monster Mortgages (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE