コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル軟調、米国債利回り低下で-米中通商協議が進展

22日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが主要通貨の大半に対して下落。米金融当局者らの発言や米中通商協議の進展に関する報道を受けて、米国債利回りがこの日の最低水準付近で推移したことが手掛かり。この日はカナダ・ドルなど資源国通貨が高い。

  • 米中は通商協議の一環として通貨に関する最終合意に達したと、ムニューシン米財務長官が発言。そうした中、ドルは軟調に推移。一方でオフショア人民元は対ドルで上昇した
    • 米中は通商協議を予定より延長する。トランプ大統領は、協議に進展があれば3月1日に設定している関税率引き上げの期限を1カ月ほど先延ばしすることもあり得ると発言
  • 米連邦準備制度理事会(FRB)のクラリダ副議長ら金融当局者からハト派寄りの発言が聞かれたことで、米国債相場は全ての年限で上昇、利回りが低下した
  • 資源国通貨は値上がりした
  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.2%低下。朝方は一時上昇する場面もあった。週間では0.4%低下
  • ニューヨーク時間午後4時55分現在、ドルは対円で0.1%未満下落し1ドル=110円66銭。対ユーロでは1%未満上昇の1ユーロ=1.1332ドル。

原題:Dollar Down as Yields Slide, China Talks Progress: Inside G-10(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE