コンテンツにスキップする

メイ首相、EU離脱戦略に最大の危機-延期求める造反拡大

  • 閣僚含む与党議員ら、3月29日のEU離脱日延期を首相に迫る
  • 首相はすでに合意なき離脱の阻止を望む議員の信頼失う

メイ英首相は欧州連合(EU)離脱の延期を来週約束しなければならず、さもなければ与党内の造反によってそうせざるを得なくなる恐れがある。閣僚を含む与党議員が語った。

  英国のEU離脱予定がわずか5週間後に迫り、事態が近く打開する見込みもほとんどない中で、合意なきEU離脱を阻止したいと考える議員の造反を抑える方法が首相には尽きつつある。

  首相は党内のEU離脱強硬派、穏健派の両勢力から信頼を失っている。このため27日までにEUの合意を得られない場合、議員らは首相にさらなる時間的な猶予を与えることに消極的だ。英議会は27日にEU離脱交渉について再度採決するが、いっそうの交渉を認めるよう求める首相の訴えが支持されるとみる向きは、保守党内にほとんどいない。閣僚の1人は、これまで2度の猶予を首相に与えたが、3度目には値しないと語った。

  6人の閣僚は非公式に、メイ首相が離脱延期を模索すると明確にしないなら通常は党の方針に忠実な他の保守党議員とともに造反すると言明。離脱交渉の主導権を首相から奪い、EUに離脱予定日の延期を要請するよう首相に強制する動議の支持に回ると述べた。

What’s Next For Brexit?

May hasn’t set a date to put her Brexit deal to another vote in Parliament. But lawmakers still have an opportunity to change the course of the divorce.

原題:May Approaches Brexit High Noon as Rebels Push to Delay Exit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE