コンテンツにスキップする

ウェルズへの処分解除すべきでない、CEO解任なければ-上院議員

ウォーレン米上院議員(民主、マサチューセッツ州)は、米銀ウェルズ・ファーゴのティム・スローン最高経営責任者(CEO)の解任をあらためて呼び掛け、同氏が解任されるまで連邦準備制度理事会(FRB)は同行の資産拡大を制限する措置を解除するべきではないとの見解を示した。

  ウォーレン議員はパウエルFRB議長に宛てた22日付の書簡で、スローン氏がCEO就任前に責任者を務めたホールセールバンキング事業で不正行為があったと最近伝わったことは、同氏が同行のトップとして適任でないことを示している、と指摘。2015年に米通貨監督庁(OCC)がマネーロンダリング(資金洗浄)防止に関して同意に基づく命令を出し、その後同行がその命令の要件を満たすため文書を改ざんしたとの疑惑があることは、不正行為へのスローン氏の直接関与を示すとも述べた。

Senator Elizabeth Warren Holds Organizing Events In Iowa

ウォーレン米上院議員

Daniel Acker / Bloomberg

  「ウェルズ・ファーゴは根本から機能不全に陥っており、スローン氏の監視下でこれらの問題が解決できるという証拠は一切ない」と、ウォーレン議員は書簡に記した。「FRBはウェルズ・ファーゴがスローン氏をCEO職から下ろすまで、資産の拡大を禁止する措置を解除するべきではない」とした。

  スローン氏は先月、同行は2019年末まで、資産拡大制限の下で事業を行う計画だと投資家に伝えている。

原題:Warren Says Wells Fargo Must Fire CEO Before Fed Ends Growth Cap(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE