コンテンツにスキップする

独ダイムラーとBMW、カーシェアリング合弁に10億ユーロ超を投入へ

独自動車メーカー、ダイムラーとBMWは、カーシェアリングおよび配車サービスの合弁事業に10億ユーロ(約1256億円)超を投入し、ウーバー・テクノロジーズやリフトといった企業に攻勢をかける。

  ダイムラーによると、同事業は協業だけでなく新興企業や既存企業の買収も検討する。電気自動車の充電や駐車サービスなど5事業部門で最大1000人の雇用がもたらされる公算だ。当面は欧州市場に集中するという。

  ダイムラーのディーター・ツェッチェ最高経営責任者(CEO)は合弁事業の株式発行については「今のところ」計画していないと記者会見で話した。

  ブルームバーグNEFによると、約1年前に発表された同合弁事業はダイムラーのカー2ゴーとBMWのドライブナウを統合し、利用者数で世界最大のカーシェアリング事業者となる。配車サービスで欧州最大手のダイムラーのマイタクシーも加わる。

原題:Daimler Joins BMW in $1.1 Billion Mobility Bet to Rival Uber (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE