コンテンツにスキップする

EUはキャタピラーやゼロックス標的、米自動車関税なら-当局者

更新日時

トランプ米大統領が欧州連合(EU)からの自動車輸入に関税を課した場合、EUは米キャタピラーゼロックスサムソナイト・インターナショナルといった企業の製品に報復関税を課す方針だと、EU当局者が明らかにした。

  この当局者はEUの行政執行機関である欧州委員会がまとめた報復関税リストの草案について語ったが、同草案は現時点で部外秘だとして匿名を条件に述べた。

  欧州委は1月、トランプ政権がEUからの自動車・同部品輸入に追加関税を発動した場合、EUは200億ユーロ(約2兆5000億円)相当の米国製品に報復関税を課す用意があると明らかにしていた。ただ欧州委は報復関税の対象となる米国製品について、これまで具体名は挙げていない。

  欧州委のマルムストローム委員(通商担当)は22日、ブカレストで記者団に対し、「自動車・同部品への輸入関税は望んでいないが、発動された場合に備え、われわれはバランスを取り戻すための措置のリスト作成を開始している」と説明。「この対応は全面的に支持されている」と加えた。 

原題:EU Said Ready to Target Caterpillar, Xerox If U.S. Hits Cars (1)(抜粋)

(第3、4段落を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE