コンテンツにスキップする

任天堂:大株主が730億円分の株式売り出し-自社株買いや消却も

更新日時
  • 売り出し価格は未定、3月4日から7日の終値を参考に決定
  • 株主から売却したいとの意向、株主層を多様化する狙いも
Inside The 2017 E3 Electronic Entertainment Expo
Photographer: Troy Harvey/Bloomberg
Inside The 2017 E3 Electronic Entertainment Expo
Photographer: Troy Harvey/Bloomberg

任天堂は22日、三菱UFJ銀行や京都銀行などが持つ同社株を計約240万株売り出すと発表した。22日終値で計算すると約730億円分。

  発表によれば、売り出し価格は未定。3月4日から7日までのいずれかの日の終値の90%から100%を仮条件にし、需要を勘案した上で決定する。需要の動向に応じ、オーバーアロットメントとして36万株を上限に追加で売り出す。

  売却するのは、任天堂の大株主の東京三菱UFJ銀行や京都銀行など。上場会社の政策保有株式への対応に注目が集まる中、株主側から売却したいとの意向があったという。任天堂としては、個人投資家層に売り出すことで、株主層を多様化させる狙いもある。

売り出す会社名株式数
京都銀行100万
野村信託銀(退職給付信託三菱UFJ銀口)55万3800
三菱UFJ銀44万6200
りそな銀22万5000
滋賀銀20万3700

  同時に330億円を上限に自社株買いを行うと発表。発表によると、取得しうる株式総数は100万株で自己株を除く発行済み株式総数の0.83%にあたる。市場で買い付ける。1000万株の自己株式消却も実施する。

  岩井コスモ証券の川崎朝映シニアアナリストは任天堂が売り出しと自社株買い、消却を同時に行った狙いについて「売り出しだけをみれば下落要因になるので、株価への配慮が含まれている可能性がある」と指摘。自社株買いは現状の株価水準が割安だという会社側のメッセージと受け取ることができ、消却も広い意味では株主還元策の一つだと述べた。

The 'Nintendo Check-In' Gaming Area Ahead of Earnings

任天堂は730億円分の株式売り出しを発表

Photographer: Buddhika Weerasinghe/Bloomberg
(アナリストコメントや売却する大株主の詳細を追加しました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE