コンテンツにスキップする

加バリック、米ニューモントへの買収提案を一時検討-関係者

  • バリックが現時点で取引を検討しているかどうかは不明と関係者
  • バリックは実行可能性を断続的に検討していたと関係者

世界2位の産金会社、カナダのバリック・ゴールドは同業の米ニューモント・マイニングへの買収提案を一時検討した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。バリックは増産を目指し、その方法を探っている。

  議論が部外秘であることを理由にこれら関係者が匿名で明らかにしたところでは、バリックは買収提案の実行可能性について、この数カ月を含めしばらくの間、断続的に検討していた。バリックが検討した1つの可能性は、ニュークレスト・マイニングなどとパートナーを組んでニューモントに買収提案することだという。

  バリックが現在、取引を検討しているかどうは不明だとこれら関係者は語った。ニューモントの時価総額は約190億ドル(約2兆1100億円)。

  バリックとニューモントは2014年、統合に近づいたが、その後、条件を巡る溝が埋まらず土壇場で破談となった。関係者らによると、これとは別に両社はネバダ州の事業の合弁を協議したことがある。

  バリック、ニュークレスト、ニューモントの担当者はいずれもコメントを控えた。

原題:Barrick Gold Is Said to Have Studied Bid for Newmont Mining (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE