コンテンツにスキップする

バークシャー、クラフト株急落で打撃-持ち分の価値3100億円減少

  • 予想下回る決算や召喚状のニュースでクラフト株18%下落
  • バークシャーの投資先ではアップルも1月に株価急落

米食品会社クラフト・ハインツの株価急落は、ウォーレン・バフェット氏率いる米バークシャー・ハサウェイにとって打撃となった。

  クラフト・ハインツが21日の株式市場の取引終了後に発表した2018年10-12月(第4四半期)の調整後1株利益はアナリストの予想を下回った。会計慣行の調査に関連して書類提出を求める召喚状を米証券取引委員会(SEC)から受け取ったことも開示し、同社の株価は時間外取引で一時18%急落。ニューヨーク時間午後6時15分(日本時間22日午前8時15分)現在の株価は39.66ドルとなり、バークシャーが保有するクラフト株の価値は28億ドル(約3100億円)減少し129億ドルとなった。クラフトはさらに、四半期配当を1株当たり40セントに引き下げることも明らかにした。

  クラフトは、バークシャーとブラジルのプライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社3Gキャピタルが15年に取りまとめた合併で誕生した。バークシャーの投資先企業ではアップルも1月に売り上げ見通しを下方修正し株価が急落していたが、その後回復している。

原題:Berkshire Suffers $2.8 Billion Hit on Kraft’s Subpoena News (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE