コンテンツにスキップする
Photographer: Simon Dawson/Bloomberg

メイ英首相は3カ月延期も-与党でも「合意なき離脱」阻止の動き

更新日時
  • 3カ月の延期は最も楽観的なシナリオの下で想定されるとEU当局者
  • 必要な法案可決の時間を英議会に与える「技術的延長」と受け止め
A window reflects Tower Bridge in London, U.K., on Tuesday, Feb. 19, 2019. London's office market could be headed for a fall whether the U.K. leaves the European Union with or without a deal, according to one broker that predicts a downturn.
Photographer: Simon Dawson/Bloomberg

メイ英首相は最も楽観的なケースでも、欧州連合(EU)離脱の3カ月延期を要請せざるを得ない見込みだとEU当局者の2人が語った。3月29日に合意がないままEUを離脱するリスクは残っており、当局者の1人によれば、離脱合意案への議会承認が得られない場合、より長期にわたる離脱延期の検討を余儀なくされる恐れがある。

  英・EUの協議では、離脱合意案に英議会の支持が得られるものの、3月21、22日に開くEU首脳会議までに合意が締結できない場合、メイ首相が離脱交渉期間の延長を求めるとの見通しが示されているという。

  3カ月の延長は最も楽観的なシナリオの下で想定されるとEU当局者は話しており、必要な関連法案を可決する時間を英議会に与える「技術的な延長」とEU側は捉えている。延長期間が3カ月より長くなり、欧州議会選(5月23-26日実施)への英国の参加を求める圧力が生じる事態は、英、EUのいずれも強く避けたい意向と考えられる。

  ブリュッセルで今週行われたバークレイ英EU離脱担当相およびコックス法務長官とEUのバルニエ首席交渉官との協議は、行き詰まりの打開に至らなかったとEU側が21日に示唆した。英下院で来週予定される離脱方針を巡る審議・採決では、離脱プロセスの主導権をメイ首相から奪おうとする動きが予想されており、首相はそれまでに少なくとも協議の進展を示す何らかの確かな証拠を用意する必要がある。

  英紙テレグラフによると、英与党保守党の100人規模の穏健派議員グループが、EUとの合意が成立しない場合には、離脱を延期するようメイ首相に迫る動きに下院採決で同調する用意があると書簡で警告した。労働党のイベット・クーパー議員らが、このような超党派の試みを主導している。

Poland's PM Mateusz Morawieck Leads Inter-Governmental Consultations With U.K.

ハモンド財務相とメイ首相

撮影:Luke MacGregor / Bloomberg

原題:EU Is Said to Expect May to Request Three-Month Delay to Brexit(抜粋)

(与党内の造反の動きなどを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE