コンテンツにスキップする

トランプ氏と金委員長、1対1で対話へ-ハノイ会談控え米政府が説明

  • 米側、北朝鮮の速やかな核放棄と全ての核戦力・施設の申告要求
  • 朝鮮戦争終結に向けた米軍撤退は事前交渉で議論されず-関係者

トランプ米大統領は来週にベトナムのハノイで、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と会談する際、1対1で話をする時間を設ける。米政権幹部が明らかにした。このほかに食事会や、補佐官らが加わる核交渉を予定している。

  両者の会談は2度目で、北朝鮮の核放棄が議題になる。首脳会談に先駆け、米側はビーガン北朝鮮担当特別代表が今週ハノイ入りし、北朝鮮側と予備交渉を続けている。政権幹部はトランプ大統領のベトナム訪問予定について、匿名を条件に記者団に事前説明した。

  政府関係者の1人は、北朝鮮の核放棄が段階的ではなく速やかに進むことを米側は希望。北朝鮮が核戦力と核施設の全てを申告することも求めている。関係者の1人が記者団に述べたところによると、予備交渉では朝鮮戦争を正式に終結させるための平和協定締結に向け、米軍を撤退させることは議論されていない。

  トランプ政権が北朝鮮に連絡事務所の開設を検討しているかとの問いに、政府関係者らはコメントを控えた。米朝は公式に外交関係を結んでいない。

原題:Trump Said to Plan One-on-One Meeting With North Korea’s Kim(抜粋)
Kim Summit Talks Said to Not Cover U.S. Troops for Peace Treaty

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE