コンテンツにスキップする

米生保各社のCLO投資、大きなリスクもたらす可能性-フィッチ

  • 保険各社のポートフォリオ、信用の質が金融危機以降に低下
  • 「A」格付け債の保有比率が低下、「BBB」は上昇

米国の生命保険各社は金融危機以降にローン担保証券(CLO)を積み増してきた。こうしたCLOが次のリセッション(景気後退)において問題となる可能性があると、格付け会社のフィッチ・レーティングスは指摘した。

  保険会社のポートフォリオは2007年以降、リスク度合いが一段と高まっていると、フィッチは21日公表のリポートで記述。社債の格下げに加え、高格付けの債券が少なくなったことや、低金利への対応として投資家が高い利回りを求めたことが背景にあるという。大半の保険会社は緩やかな景気減速に対処するのに十分な緩衝を備えているが、さらに深刻な不況となれば、信用格付けの引き下げにつながりかねないと、フィッチは分析した。

Risky Business

Life insurers have boosted their investments in lower-rated debt

Source: Fitch Ratings

  フィッチは同リポートで、「CLOへの投資は過去数年に著しく増えており、信用サイクルの終盤に投資家のプロテクションが弱まる場合、重大なリスクをもたらす可能性がある」と指摘した。

  フィッチによると、保険各社の投資ポートフォリオのうち、格付け「A」以上の債券が占める割合は2018年第3四半期(7-9月)に61%。07年末の69%から低下した。一方、格付け「BBB」債券の保有比率は同期間に25%から34%に上昇した。

原題:Life Insurers’ CLO Investments Could Pose Big Risks, Fitch Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE