コンテンツにスキップする

英バークレイズ、10-12月の市場混乱乗り切る-自社株買いへ

更新日時
  • 第4四半期のマーケット部門の収入は前年同期比2.5%減
  • 利益のより大きな部分を株主に還元する-ステーリーCEO

英銀バークレイズのジェス・ステーリー最高経営責任者(CEO)は自社株買いと増配を約束した。同行のトレーディング事業は2018年10-12月(第4四半期)の市場混乱を比較的うまく乗り切った。

  21日の決算発表によると、第4四半期のマーケット部門の収入は前年同期比2.5%減の9億4500万ポンド(約1370億円)。大方のライバルを上回るパフォーマンスだった。

  株価は一時4.8%高となった。

  ステーリーCEOは投資銀行事業を引き続きバークレイズの重要業務と位置付けているが、同行株5%余りを保有する物言う株主エドワード・ブラムソン氏に対し、自身の戦略を正当化する必要に迫られている。

  この日は、「資本を生み出す当行の強い力を生かして、利益のより大きな部分を配当と自社株買い戻しなど追加手段によって株主に還元する」と表明した。

  同行は英国の欧州連合(EU)離脱に絡む経済の不確実性に対応し、合計1億5000万ポンドを引き当てた。そのうち1億ポンドは国内部門で計上した。年金関連でも1億4000万ポンドを引き当てた。

  同行によると、配当は段階的に引き上げられ、自社株買い戻しがこれを補完する。自社株買い戻しは2015年のステーリーCEO就任以降では初となる。

Barclays Avoided Worst of 4Q Storm

U.K. bank's markets unit outperformed struggling European rivals

Source: company reports, analysts' estimates

Note: Barclays' performance based on average of estimates from JPMorgan, Deutsche Bank, Jefferies

原題:Barclays Withstands Trading Turmoil as Staley Promises Buyback(抜粋)
Barclays CEO Promises Buyback as Trading Outperforms Rivals (1)

(引当金の詳細や株価、配当についてを追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE