コンテンツにスキップする

インドネシア中銀、政策金利を据え置き-米利上げ停止でルピア高

  • 7日物リバースレポ金利は6%に据え置かれた
  • エコノミスト33人全員の予想通り-ブルームバーグ調査

インドネシア銀行(中央銀行)は21日、政策金利を3カ月連続で据え置いた。米連邦公開市場委員会(FOMC)が利上げ停止に軸足を移したことで新興国市場への圧力が和らぎ、通貨ルピア相場が値上がりした。

  政策金利である7日物のリバースレポ金利は6%に維持した。ブルームバーグがエコノミスト33人に実施した調査では、全員が据え置きを予想していた。

  インドネシア中銀は昨年、計6回の利上げで政策金利を計1.75ポイント引き上げていた。

Indonesian currency has bounced back in wake of rout

原題:Indonesia Keeps Key Rate Unchanged as Fed’s Pause Boosts Rupiah(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE