コンテンツにスキップする

ドイツ銀とウェルズFをコルレス銀に-資金洗浄疑惑のスウェドバンク

  • ダンスケ銀行から始まったスキャンダルが広がる
  • ドイツ銀とウェルズFがコルレス銀だった期間は不明

バルト諸国から波及しているマネーロンダリング(資金洗浄)疑惑の渦に巻き込まれたスウェーデンの銀行、スウェドバンクは、米ドル取引のコルレス銀行としてドイツ銀行ウェルズ・ファーゴを使っていた。保管されていた文書から分かった。

  スウェドバンクは疑わしい取引を発見し、警察当局に通報したと同行広報担当者が20日述べた。これに先立ち、スウェーデンの公共放送SVTはスウェドバンクの顧客約50人が2007年から15年に同行とデンマークのダンスケ銀行との間で約400億スウェーデン・クローナ(現在の為替レートで約4760億円)の資金を移動させていたと報じていた。

  デンマークのダンスケ銀行から始まったスキャンダルは広がり続けている。ダンスケはエストニアの小規模支店を拠点に旧ソ連諸国から欧米に資金を動かしていたとされる。

  ダンスケのエストニアでのコルレス銀行は捜査対象となっている2015年までの9年間の大半、ドイツ銀とJPモルガン・チェース、バンク・オブ・アメリカ(BofA)だった。

  文書ではドイツ銀とウェルズ・ファーゴがスウェドバンクのコルレス銀行となった時期やサービスを停止した時期の記載はない。ドイツ銀の広報担当者はコメントを控えた。ウェルズ・ファーゴにコメントを求めたが応答はない。

原題:Deutsche Bank, Wells Fargo Were Swedbank’s Dollar Correspondents(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE