コンテンツにスキップする

配車サービスの米リフト、来週にもIPO申請へ-関係者

  • 200億-250億ドルの評価が目標-3月18日の週に説明会開始
  • ナスダック上場の意向、ウーバーに株式公開で先行か

配車サービスの米リフトは来週にも新規株式公開(IPO)を申請する可能性があり、200億ドル(約2兆2100億円)から250億ドルの評価を目標とする計画だ。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

  配車サービス業界2位のリフトは、3月18日の週にロードショー(投資家向け説明会)を開始する計画。同業大手ウーバー・テクノロジーズに株式公開で先行する可能性がある。計画は未公表だとして関係者は匿名を条件に明らかにした。

  リフトは昨年12月、米証券取引委員会(SEC)にIPO関連書類を部外秘の形で提出したことを明らかにしていた。関係者によると、リフトはナスダックに上場の意向。SECによるこの書類の処理は、35日間続いた連邦政府機関の閉鎖と重なり、当局の検討作業が遅れていた。

  リフトの広報担当はコメントを控えた。IPO計画の詳細は先にロイター通信と米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が伝えた。ウーバーとリフトはいずれも今年前半のIPO実施を目標としていた。

原題:Lyft Is Said to Plan to File for IPO as Soon as Next Week(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE