コンテンツにスキップする

トランプ米大統領とEU、通商合意になお程遠い-オーストリア首相

  • 自動車関税発動の可能性を排除できずとクルツ首相
  • クルツ首相はトランプ大統領と会談、より広範な貿易の枠組みを提案

オーストリアのクルツ首相は20日、ホワイトハウスでのトランプ米大統領との会談後、米大統領と欧州連合(EU)は欧州の自動車への米関税賦課を回避する合意にはなお程遠いと述べた。

  クルツ首相はトランプ大統領と「米欧関係がかつて良かった」貿易やエネルギー政策の分野について話し合ったと説明。また、農業など米国が野心的な分野を含む、より広範な貿易の枠組みをトランプ大統領に提案したという。

  クルツ首相はホワイトハウスでの1時間にわたった会談後、オーストリア放送(ORF)とのインタビューで、トランプ大統領は「取引を行う用意があると私は思うし、EUのわれわれは取引を望んでいる」と発言。「しかし双方の立場の隔たりは非常に大きく、ホワイトハウスは時に迅速に判断を下すため、関税が発動される可能性をわれわれは排除できない」と説明した。

  米欧間で関税やエネルギー、イラン制裁を巡る議論が熱を帯びる中、トランプ大統領と独仏の関係悪化を背景にクルツ首相は米欧の仲介役を果たそうとしている。

原題:Trump, EU Far Apart on Trade, Kurz Says After Meeting President(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE