コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

アップル、中国など新興国市場で苦戦続く公算-懐疑派の見方

  • 中国での売り上げ低迷は継続する可能性が高い-HSBC
  • ループ・キャピタルは今年のアイフォーン売上高見通しを下方修正
Shoppers browse inside an Apple Inc. store in Shanghai, China, on Tuesday, Jan. 29, 2019. Since Apple shook investors in early January with a warning, a picture is starting to emerge on where the tempering of China's $12.2 trillion economy will hurt in the coming year.
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

米アップルの株価は今年に入って回復してきているが、「iPhone(アイフォーン)」の需要に関して言えば中国市場を中心にまだ苦境から脱していないとの見方をアナリスト2人が相次いで示した。

  HSBCのアナリスト、アーワン・ランブルグ氏は中国での売り上げ低迷について「価格とは別」の問題で「短期間にとどまらない可能性が高い」と指摘した。中国顧客に関する内部調査を引用し、「人気という点でアップルが華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)を下回っており、顧客志向の明確な変化」が示されていると説明した。

  同氏は「新興国市場は大幅な戦略変更がない限り疑問符が付いたままだろう」と記し、欧州市場についても「中国勢などが提示する割安なプランが一段と需要に見合うようになり、シェアが低下するリスクがある」と分析した。 

Shares have been pressured for months, with iPhone demand key

  ループ・キャピタルも20日、2019年のアイフォーン売上高見通しを1300億ドル(約14兆4000億円)と、これまでの1470億ドルから下方修正した。販売台数予測は1億9100万台から1億8000万台に引き下げた。アップルが1月上旬に見通しを下方修正したことや1-3月期に季節性がより顕著に表れる可能性、足元の中国経済の軟調さなどに言及した。

  アナリストのアナンダ・バルア氏はこうしたダイナミクスをウォール街が「完全には織り込んでいない可能性」をアップルの見通しは示唆しており、「アイフォーンの売上高見通しについて調整があるかもしれない」との見方を示した。

原題:Apple Skeptics See More Pain Ahead on Weakness in China and EM(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE