コンテンツにスキップする

米ウォルマート株が下落-海外でまた新たな問題が浮上

  • 傘下アズダをJセインズベリーに売却する計画が頓挫する可能性
  • 投資家は海外事業より国内や電子商取引事業をより重視

インドでは電子商取引関連の新たな規制導入で米ウォルマートの成長が圧迫される見込みだ。景気が減速している中国では、買い物客の倹約志向が強まっていると同社は指摘する。さらに英国では、傘下アズダを英食品小売りのJセインズベリーに売却する計画が当局の反対を受けて頓挫する見通しが出てきた。

  海外での苦境より米事業の力強さの方が重視されているものの、20日のウォルマート株の下げは同社が海外で抱える問題の拡大を投資家が懸念していることを示唆する。同社の株価は一時3.5%安となった。

  ただウォルマート株の下落率はJセインズベリーの19%を大きく下回った。これは、ウォール街が同社の国内事業やアマゾン・ドット・コム追撃に向けた電子商取引事業の展開を重視していることが要因かもしれない。

  ゴードン・ハスケット・リサーチ・アドバイザーズのアナリスト、チャック・グロム氏は、海外の出来事は重要だが「米事業が好調な限り、多くの投資家にとってそれは十分な材料だ」と語った。11-1月(第4四半期)には売上高全体の約3分の2を米事業が占めた。

Walmart shares extended losses after U.K. regulators questioned the Asda deal

原題:Walmart Slips as Yet Another Overseas Obstacle Materializes (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE