コンテンツにスキップする

米半導体株が高い、アナログ・デバイセズ売上高予想が市場予想に一致

20日の米株式市場では半導体株が上昇。アナログ・デバイセズの売上高予想が好感され、半導体業界の最悪期は過ぎたとの楽観が広がった。

  フィラデルフィア半導体指数は前日比で一時1.5%上昇し、昨年10月3日以来の高値に達した。アナログ・デバイセズは一時3.9%高。同社の2-4月(第2四半期)売上高予想は15億ドル(約1700億円)で、市場予想に一致。市場予想に届かない会社発表が相次ぐ決算シーズンとあり、投資家はこれを朗報と受け止めた。

  「市場予想に一致する会社予想は、その他の半導体企業が発表した決算の大半より明らかに好ましい」と、レイモンド・ジェームズのアナリスト、クリス・カソ氏は調査リポートで指摘した。

Chip stocks have rallied 28% from a December low

  半導体株は幅広い需要の落ち込みを受けて昨年末に大幅下落した後、持ち直している。フィラデルフィア半導体指数は12月24日に付けた直近の安値から28%上昇し、昨年3月に記録した過去最高に迫っている。

  ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、ウー・ジンホ氏によると、アナログ・デバイセズは電話会議で、第2四半期の最初の数週間に受注は改善し、在庫は過去の標準並みだと述べた。

原題:Analog Devices Leads Semiconductor Stocks to Four-Month High(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE