コンテンツにスキップする

ポンドが下落、英保守党議員3人が離党ーメイ首相にさらなる打撃

  • 英与党・保守党の議員3人が離党し、新しい独立系会派に加わった
  • メイ首相、議会での優位がさらに薄れ事態はいっそう困難に

20日の外国為替市場で英ポンドは2週間ぶり高値から下落。英与党・保守党の議員3人が離党し、新しい独立系会派に加わった。ポンドは4日ぶりに下落した。

  新会派は英最大野党、労働党の7議員が週初に離党して誕生した。政党ではなく、党首や政策プラットフォームも持たないため、3人の離党の影響は今のところ不透明だ。

  ダンスケ銀行のアナリスト、ミカエル・オライ・ミルホイ氏は3人の離党に大きな驚きはなく、従って大きな市場の反応もないとしながらも、「メイ首相にとっては議会での優位がさらに薄れるため事態をいっそう難しくする」と指摘した。

  ポンドはメイ首相とユンケル欧州委員長の会談への期待から4日以来の高値を付けていたが、ロンドン時間午前11時20分現在は0.3%安の1.3022ドル。対ユーロも0.3%安の1ユーロ=87.05ペンス。

原題:Pound Declines as U.K.’s May Suffers Another Political Setback(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE