コンテンツにスキップする

米フォード、ブラジル工場閉鎖へ-ボルソナロ大統領に打撃

  • サンベルナルド・ド・カンポ工場の生産を年内に中止する
  • 従業員2800人の今後の措置についてステークホルダーと協力へ

フォード・モーターは不採算の南米事業を立て直すために、ブラジルの工場を閉鎖する。就任から2カ月足らずのボルソナロ大統領にとって打撃となる。

  発表によると、同社は南米全体の大型トラック事業から撤退し、それに関連する費用4億6000万ドル(約510億円)を計上する計画。約2800人を雇用するサンベルナルド・ド・カンポ組立工場の生産を年内に中止する。

  南米フォードのライル・ワッターズ社長は発表資料で「今回の動きがサンベルナルドの従業員に大きな影響を及ぼすことを承知しており、今後の措置についてはステークホルダー(利害関係者)と密接に協力していく」と表明した。

President Bolsonaro And Economy Minister Guedes Inaugurate New Bank Leaders

ボルソナロ大統領

Photographer: Andre Coelho/Bloomberg

Rocky Run

Ford's South American operations have posted losses in 21 consecutive quarters

Source: Company filings

原題:Ford Deals a Blow to Bolsonaro With Plan to Shutter Brazil Plant(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE