コンテンツにスキップする

マレーシア:元ゴールドマンのバンカー、国内手続き終了後に米送還へ

  • ライスナー被告の側近だったウン元バンカーの罪が問われている
  • 国内での審理を優先するため送還遅れる公算大と内相-ベルナマ通信

マレーシア政府は米ゴールドマン・サックス・グループで働き政府系投資会社1マレーシア・デベロップメント(1MDB)を巡る不正に加担したとされるロジャー・ウン元バンカーについて、国内の法的手続きが終了した後に米国に身柄を引き渡す方針だ。

  国内での審理を優先するため米国への送還は遅れる公算が大きいとのムヒディン・ヤシン内相の発言を国営ベルナマ通信が報じた。マレーシアの裁判所は先週、内務省の指示を待って身柄を引き渡す判断を下していた。

  1MDBによる65億ドル(約7200億円)相当の起債を巡りゴールドマンの東南アジア部門会長だったティム・ライスナー被告の側近を務めたウン元バンカーの罪が問われている。ライスナー被告は共謀やマネーロンダリング(資金洗浄)について米国で有罪を認めた。

原題:Malaysia to Extradite Ex-Goldman Banker After Local 1MDB Cases(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE