コンテンツにスキップする

中国人民銀、市中銀行の資本拡充に向けた新たなオペを初実施

  • 人民銀は15億元相当の永久債を期間1年の中銀手形と交換
  • 銀行は資本バッファーに厚みを持たせる必要-永久債の発行促す

中国人民銀行(中央銀行)は20日、金融機関の永久債発行による資本拡充の促進を目指した新たなオペの実施を発表した。

  ウェブサイトに掲載された声明によると、人民銀は15億元(約250億円)相当の永久債を期間1年の中銀手形と交換する。表面利率は2.45%。この手段が先月公表された後、中国銀行(BOC)は400億元相当の永久債を発行した。

  人民銀は資本バッファーに厚みを持たせる必要があるとみており、より多くの銀行に永久債の発行を促したい考えだ。

原題:PBOC Makes First Use of New Tool Aimed at Boosting Bank Capital(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE