コンテンツにスキップする

メイ首相が最後の抵抗、欧州委員長との会談に望みつなぐ-EU懐疑的

  • 首相と欧州委員長の会談を進展の重要なチャンスと英政府は受け止め
  • 「具体的な成果を期待できるほど十分な動きはない」とユンケル氏
メイ英首相

メイ英首相

Photographer: Luke MacGregor/Bloomberg

メイ英首相

Photographer: Luke MacGregor/Bloomberg

メイ英首相は、欧州連合(EU)と取り決めた離脱合意案を残し、離脱プロセスの主導権を議会に奪われる事態を避けるため、最後の抵抗を試みている。

  メイ首相は、EUの行政執行機関である欧州委員会のユンケル委員長と20日にブリュッセルで会談する。最大の懸案であるアイルランド国境の「バックストップ(安全策)」の恒久化回避に向けて、法的拘束力を伴う修正が得られるかどうかを左右する重要なチャンスと英政府は受け止めているが、行き詰まりを直ちに打開できる見通しはないとEU当局者は懐疑的だ。

  ユンケル委員長はドイツ・シュツットガルトでの記者会見で、「これが具体的な成果を伴う話し合いになると期待できるほど十分な動きは存在しない」と発言。その後の公開討論会で「英EU離脱で私は時間を無駄にしている」と述べた。

  メイ首相は、議会の承認を得るのに必要な譲歩を勝ち取るため、英国以外のEU加盟27カ国うち25カ国の首脳と最近数週間のうちに話した。コックス英法務長官とバークレイ英EU離脱担当相も20日にブリュッセル入りし、バックストップを巡る実務協議を行う。

UK Prime Minister Theresa May Formalizes Brexit Agreement

ユンケル欧州委員長

写真家:Jasper Juinen / Bloomberg

  英与党保守党の離脱推進派は19日にメイ首相と会い、アイルランド国境へのハードボーダー(物理的壁)設置回避を保証するバックストップについて、新たなテクノロジーを活用し、その必要をなくすプランをEU側に強く推すよう首相に求めた。英国はバックストップの下でEUとの関税同盟に無期限にとどまることになるため、2016年の国民投票結果に対する背信に当たると離脱推進派は訴えている。

  しかし「モルトハウス妥協案」と呼ばれるこのプランが、現在の行き詰まりの有力な打開策にはならないと英政府は判断しており、複数の匿名の政府当局者によれば、EUとの将来の通商協定交渉の過程で修正する余地がある。離脱推進派は首相との会談後、モルトハウス妥協案がなお「健在」だと主張した。

May Faces Brexit Revolt From Euroskeptic Conservatives

コックス英法務長官

写真家:Chris J. Ratcliffe / Bloomberg

原題:Britain Targets Brexit Deal Within Days as May Heads to Brussels(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE