コンテンツにスキップする

米ホワイトハウスのウォルターズ副報道官が4月退任-PR会社入り

  • ウォルターズ氏はトランプ政権で税制や貿易など経済問題を担当
  • 当初から残る報道スタッフはサンダース氏だけになる

トランプ米政権の経済政策の正当性を定期的に擁護してきたホワイトハウスのウォルターズ副報道官が4月に退任する。米PR会社エデルマンで勤務するという。

  ウォルターズ氏が辞めれば、トランプ大統領就任当初からのホワイトハウスの報道スタッフは、サンダース大統領報道官だけとなる。ウォルターズ氏はスパイサー前大統領報道官と共和党全国委員会に携わり、その後ホワイトハウスのスタッフに加わった。2017年の税制改革や対中貿易交渉など経済問題を専門に担当した。

  サンダース報道官によると、ウォルターズ氏の後任はまだ起用されていない。

原題:White House Spokeswoman Lindsay Walters Leaving for Edelman Firm(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE