コンテンツにスキップする

カール・ラガーフェルド氏が死去-シャネルを率いたモードの「帝王」

ハイファッションの代表格である仏シャネルのクリエーティブディレクター、カール・ラガーフェルド氏が死去した。85歳だった。同氏が35年以上指揮してきたシャネルは、ダイアナ元妃や女優のキーラ・ナイトリーさんをはじめ、世界中の著名人に愛されてきた。

  ラガーフェルド氏はシャネルのほかに、イタリアのフェンディや自身のブランド、カール・ラガーフェルドも同時に手がけてきた。シャネルの発表によれば、ラガーフェルド氏の右腕として30年間同氏を支えてきたビルジニー・ビアール氏が、後継としてコレクションのクリエーティブ面を率いる。

  ラガーフェルド氏は妥協を許さない仕事ぶりから「カール帝王」と呼ばれ、ファッション界で畏怖されていた。

Conde' Nast International Luxury Conference - Alternative Views

カール・ラガーフェルド氏

撮影: Vittorio Zunino Celotto/Getty Images

原題:Karl Lagerfeld, Who Ruled Chanel Design for Decades, Dies (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE