コンテンツにスキップする

ゴールドマンの日本を除くアジア太平洋部門CEO、退職へ

  • 同部門のヒッチナー会長兼CEOは30年近くゴールドマンに勤務
  • ヒッチナー氏は香港を拠点とした現在の職務を今年半ばまで継続
A patch bearing the Goldman Sachs Group Inc. logo is pictured on a trading jacket on the floor of the New York Stock Exchange in New York, U.S.
A patch bearing the Goldman Sachs Group Inc. logo is pictured on a trading jacket on the floor of the New York Stock Exchange in New York, U.S. Photographer: Daniel Acker
A patch bearing the Goldman Sachs Group Inc. logo is pictured on a trading jacket on the floor of the New York Stock Exchange in New York, U.S.
Photographer: Daniel Acker

米銀ゴールドマン・サックス・グループで、日本を除くアジア太平洋部門の会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるケン・ヒッチナー氏が退職する。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。ヒッチナー氏はゴールドマンに30年近く勤務している。

  非公開情報だとして関係者の1人が匿名で語ったところによると、ヒッチナー氏は香港を拠点とした現在の職務を今年半ばまで継続する。同氏は6年ほど前にアジアに移り、2017年9月から現職。ゴールドマンの担当者はコメントを控えた。

  ヒッチナー氏が退職すれば、日本を除くアジア太平洋部門においてゴールドマンで最も高位の幹部は同部門の共同社長を務めるトッド・リーランド、ジェームズ・パラダイス両氏となる。

原題:Goldman CEO of Asia Pacific Ex-Japan Hitchner Is Said to Retire(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE